HOME

 

新着履歴情報

SEO対策と検索アルゴリズムの変更

SEO業者やSEO対策に余念がないアフィリエイターにとって、検索エンジンのアルゴリズム変更は、時に大事件となるときがあります。それまでのSEO対策が無効になってしまうこともありますし、下手をしたら検索結果に表示すらされない、いわゆる圏外に飛ばれてしまうという状態になることすらあるからです。

アルゴリズムの多少の変更があっても大丈夫なように、様々な方法でSEO対策を行っている場合はそれほど影響もないでしょうし、逆に順位が上がることもあります。しかし中には、検索順位が下がっても仕方ないようなSEO対策しかしていないSEO業者やアフィリエイターもいます。アルゴリズム変更の結果、他のサイトの評価が上がり、結果として自分のサイトの順位が下がるということもよくありますが、そうではなくてSEO対策が適切なものではなかったためにとうとう検索順位を下げられるというパターンです。

例えば、とても情報量の少ないサイトがあるとします。その記事の下に単語が記載されていて、そこからリンクが貼られているとします。しかも寄せ集めのように数多くのリンクが並んでいたら、あまりに不自然ではないでしょうか。他に適切なサイトが少ない場合は、そういったサイトでも上位に表示されたりそんなサイトからのリンクも有効になるかもしれません。しかし同じような情報を扱うサイトがたくさんある場合、そういった不自然なリンクによるSEO対策のサイトは、順位が下がってしまうのではないでしょうか。

HOME